糖尿病の合併症

糖尿病をきちんと「コントロール」しないと、血液中に溢れたブドウ糖が全身の血管にダメージを与え、様々な合併症を招くようになってきます。

糖尿病の三大合併症

糖尿病網膜症(目の合併症)

糖尿病網膜症は、かなり進行するまで自覚症状が伴わないことも少なくないので、「まだちゃんと見えているから大丈夫」といった自己判断は禁物です。糖尿病の人は、目に特別な異常を覚えなくても定期的に眼科を受診し、眼底検査などを受けましょう。

糖尿病性神経障害

主に足や手の末梢神経が障害されます。その症状の出方は様々で、「手足の痺れ」「やけどやけがの痛みに気づかない」などです。そのほか胃腸の不調(下痢や便秘)、顔面神経麻痺、立ちくらみ、発汗異常、ED(勃起不全)など、いろいろな症状が現れてきます。

糖尿病性腎症

血液を濾過して尿をつくる腎臓の糸球体(しきゅうたい)という部分の毛細血管が傷害を受けて機能が損なわれ、だんだんと尿がつくれなくなってきます。人工透析になる原因の第1位が、この糖尿病性腎症です。

大血管障害

糖尿病により血糖値の慢性的に高い状態が続くと、細い血管だけでなく、太い血管もダメージを受けます。動脈硬化を起こした血管は狭くなり、時には詰まってしまう(閉塞)こともあります。血流が悪くなったり、完全に詰まってしまったりすると、様々な病気を引き起こします。

心筋梗塞

心臓に酸素や栄養を供給している冠動脈が硬化・狭窄し、冠動脈の内腔が狭くなったところに、血液の小さな塊(血栓)が詰まって血管を塞いでしまうと、酸素が供給されなくなった部位がダメージを受け、心筋梗塞は発症します。通常なら、心筋梗塞が起こると、胸が強く締めつけられるような激しい痛みが生じますが、糖尿病による神経障害を併せ持っている患者さんでは、痛みを覚えないケースもあります(無痛性心筋梗塞)。

脳梗塞

脳の血管が詰まってしまい、詰まった箇所の先に血液が供給されなくなってしまうのが脳梗塞です。そして閉塞を来たした場所に応じて、様々は症状を引き起こします。

読み込み中…